Ingrid Piller in Japanese: ピラー著書 刊行のお知らせ

4月9日刊行予定『異文化コミュニケーションを問いなおす』イングリッド・ピラー[著] カバー・帯写真:渡邊リカルド

4月9日刊行予定『異文化コミュニケーションを問いなおす』イングリッド・ピラー[著] カバー・帯写真:渡邊リカルド

We are thrilled to announce that the Japanese translation of Ingrid Piller’s bestselling book Intercultural Communication: A Critical Introduction will be published by Sogensha (創元社) on the 9th of April, 2014.

Since its publication in 2011, Intercultural Communication: A Critical Introduction has been widely adopted as a textbook and it is exciting to see that our work is now more readily accessible to a Japanese audience.

The book is now available for pre-order on the publisher’s website as well as on several major online bookstores including amazon.co.jp and Rakuten.

***************

『異文化コミュニケーションを問いなおす - ディスコース分析・社会言語学的視点からの考察』刊行のお知らせ

イングリッド・ピラーのベストセラー「Intercultural Communication: A Critical Introduction」の日本語訳が4月9日に創元社より出版されることとなりました。英語原本は2011年の刊行から世界の大学で使用されており、日本語版は初の翻訳本です。

ご予約は創元社ウェブサイトまたはオンラインブックストアーからお申し込み頂けます:アマゾン楽天ブック。お問い合わせはこちらで承っております

著者:イングリッド・ピラーマッコーリ大学言語学部教授(オーストラリア)。ドイツ、スイス、アラブ首長国、アメリカなどの大学で教えるなど、国際的に活躍。異文化コミュニケーション、社会言語学、言語習得学、多言語主義、バイリンガル教育が主な研究テーマ。自ら主宰する研究ウェブサイトLanguage on the Moveにて数々の論文やブログを一般公表している。

翻訳
高橋君江、渡辺幸倫、藤田ラウンド幸世、菅野素子、樋口くみ子、加藤明子、清水友子、田村亮、羽井佐昭彦、柳川浩三(順不同)

内容紹介:著者が長年研究テーマとしてきた「人権」、そして「社会的包摂」を対話の軸とした新しい形の異文化コミュニケーション学。「文化」「言語」「異文化コミュニケーション」といった概念が構築されてきた過程や影響を今までにないクリティカルな視点から考察する。グローバル化が進む中で生きる人々の経験や多国籍企業のビジネス戦略、移民や亡命者の体験など、世界各国から集められた資料を凝縮し、学習用、研究用に最適な好著。

本書を書こうとした動機の一つとして、この分野を現実の生活にある異文化コミュニケーションに対応させ、それを反映するものにしたいという願いがある。現実の異文化コミュニケーションは、経済的・社会的・文化的なグローバリゼーションや、国境を越えた移動や留学体験の中に組み込まれている。 第一章「はじめに」より

Author Kimie Takahashi 高橋君江

高橋 君江 is Visiting Associate Professor at International Christian University, Tokyo. Before joining ICU in 2014, she was Lecturer at the Graduate School of English at Assumption University of Thailand (2011 - 2014) and Postdoctoral Research Fellow at Macquarie University, Australia (2007 and 2011). Kimie is an Honorary Associate in the Department of Linguistics, and continues to co-supervise several PhD students with Ingrid Piller at Macquarie University.

More posts by Kimie Takahashi 高橋君江
  • khan

    What a commendable achievement. “The Intercultural Communication: A Critical Introduction” deserves to be translated into other languages. I have spoken to students of Intercultural communication at Upenn about the work and they have greatly appreciated its contextualized discussions of issues.

    I congratulate Professor Piller and Dr. Kimie for this great intellectual contribution. Just a passing comment on translation: I have a feeling that its potential for teaching foreign languages have been greatly minimized. I need to understand it.

    Sincerely Yours,

    Khan
    Visiting Scholar Associate
    Graduate School of Education
    University of Pennsylvania, USA.

  • Li Jia

    Dear Ingrid & Kimie,

    Congratulations! What a marvellous progress! I believe ‘The Intercultural Communication: A Critical Introduction’ will benefit more Japanese readers and I’m expecting to hear more good news in future. Hopefully I should aim to be a good Myanmar speaker first before it could be introduced into the ‘Asian Last Frontier’